自力での返済

余り大事にしたくない、恥ずかしい、知られたら絶対にマズイなど色々と事情はあると思います。
果たして自分は自力返済が可能なのか?チェックしてみよう

借金段階チェック

カードローン・消費者金融などの借金額を合計して下さい。

  1. 借入1〜3社、借金150万円未満
    一応コントロール出来ています。もし、金利の高いサラ金を使用している場合や
    毎月の返済額が辛い場合は、金利が低いものや返済期間の長いキャッシングサービス(銀行やIT系など)に
    乗り換えたり一社にまとめる事も良いかもしれません。
  2. 借入3〜4社、借金200万円未満
    もうボーダーラインを超えています。これ以上は借金せずに、個人民事再生手続きなど
    借金を合法的に減らせる(上にデメリットが殆ど無い)法律があるので、そっちを使いましょう
    またそれも嫌なら親・兄弟・友達に泣きつきましょう。
    この場合、妙な見得は絶対に張らず、現在ある全ての借金の総額を完璧に伝えてください。
    少し前までは、200万円まではぎりぎりOKだと言われていましたが、今は150万円を越えると危険です。
    この段階だと、借金を返しても元本が減らない(利息分=毎月の返済額)という状況が出始めます。
    何時まで経っても借金が減らない本当にギリッギリの状態です。
    どうしても自力返済したい方だけ次項の「借金の低減」へどうぞ。
  3. 借入5〜6社、借金300万円未満
    ボーダーラインぶち超えです。自力返済は諦めて個人民事再生など法律を使いましょう。
    親兄弟にカミングアウトすることも同時にお奨めします。今は法律が整備されたので、余り
    迷惑にはなりません。(個人民事再生は自己破産の必要なく、自分で払える程度の額まで減ります。)
    もし親兄弟が嫌であっても弁護士・司法書士などの検討をお奨めします。無料相談している方も多いので、
    現在の状況をまとめてメール・電話などしてみて下さい。
    ちなみに弁護士だから良い、司法書士だから悪いという訳ではなく、気合の入った人に頼むのが良いようです。
  4. 借入7社以上、借金300万円以上
    ボーダーラインぶち超えです。やはり自力返済は諦めて個人民事再生のお世話になって下さい。
    収入が多い人なら300万以上でも何とかなる人は勿論います。でも、貴方は本当に「何とかなる」人ですか?
    限度額の基本は借入額が年収の1割、 返済額が月収の2割です。
    現在の借金は、半年以内で完済できますか?出来なかったら、もう諦めましょう。


copyright (c) 2006 -借金.info-